新規登録はこちらから
TOP

「高齢者」と「シニア」の違いは?オーバーエイジとは?

シニアお役立ち情報|2018.11.16


「シニアお役立ち情報」をご覧頂きありがとうございます。
50代、60代のためのシニア向け求人サイト「オーバーエイジ事務局」です。

本稿では高齢者に関するキーワードをご紹介します!
まず初めに、「高齢者」「シニア」というキーワードについて確認します。

まず高齢者とは、
実際に法律の条文をみてみると

①「55歳以上」としている例

高年齢者等の雇用の安定等に関する法律(昭和46年法律第68号)
(定義)
第2条 この法律において「高齢者」とは、厚生労働省令で定める55歳以上の者をいう。

②「60歳以上」としている例

高齢者の居住の安定確保に関する法律(平成13年法律第26号)
(事業の許可及び借地借家法の特例)
第52条 自ら居住するため住宅を必要とする高齢者(60歳以上の者であって、賃借人となる者以外に同居する者がないもの又は同居する者が配偶者若しくは60歳以上の親族・・・

③「70歳以上」としている例

道路交通法(昭和35年法律第105号)
(講習)
第108条の2 公安委員会は、内閣府令で定めるところにより、次に掲げる講習を行うものとする
十二 更新期間が満了する日における年齢が70歳以上の者又は・・・

このように法律によって高齢者の定義が55歳だったり、60歳だったり、70歳だったりと異なっているのが現実です。

結局のところ、日本の平均年齢や、定年退職、年金の受給などを鑑みて、一般的に高齢者は65歳以上の方を表していると考えるのが妥当ではないでしょうか。

オーバーエイジでは、高齢者の方を対象とした求人を多数掲載しております。
皆様のアクセスをお待ちしております。


シニア向け求人サイト オーバーエイジ(OVERAGE)
※提供する情報については最大限の注意を払っていますが、その確実性について保証するものではありません。